経済産業大臣指定伝統的工芸品「房州うちわ」/房州うちわ振興協議会
HOME リンク 商品お問合せ
トピックス 日本三大うちわ 房州うちわの歴史 製作工程 安房の匠たち ギャラリー うちわ作り体験
製作工程
すべて手作業、21工程。熟練した職人たちの技が光ります。
房州うちわづくりは、竹の選別から始まり、割竹(さきだけ)、弓削(すげ)、貼りなど、21の工程で仕上げていきます。すべてが手作業、職人たちの伝統の技が生きています。
原料の竹は良質の女竹(めだけ)が使われます。虫が付かず肉が締まっている10月から1月の寒い時期に南房総一円から伐採されます。うちわには、一定の太さの部分が必要なため、1本の長い竹から取れるのは2,3本分ほどです。
竹の皮をむき、水洗いして磨き上げます。次に、竹を割り、柄の部分に穴をあけ、糸で骨を編んでいきます。柄を一定の寸法に切ったら、空洞に柳の枝を詰め込みます。さらに、柄にあけた穴に弓を差し込み、編み終えた糸の両端を弓に結びます。円弧状にしなった弓とともに「窓」ができ、扇形にひらいた骨組みが完成します。
ねじれをとるために目拾い、穂刈りをし、骨の曲がりを直すためにコンロで焼きます。整った骨に、紙や布を両面から貼り、はみ出した骨を裁ち落としていきます。そして、ふちとりの紙で周囲を整え、胡粉を柄尻に盛り、丸みを持たせます。最後に、ローラーできっちりとおさえて仕上げます。
これらの工程を一人で行うと、一日に4,5枚のうちわを作ることが精一杯と言われます。各工程ごとに分業して、房州うちわは一枚一枚丹念に作られています。
*下のボタンをクリックしますと別ウィンドウにて、
 それぞれの工程を動画で見ることができます。
▲ページのトップへ
Copyright (C) 2007 BOSHU-UCHIWA SHINKOKYOGIKAII. All Rights Reserved.
21.仕上げ20.上塗り19.下塗り18.へり付17.断裁(だんさい)16.貼り15.焼き14.穂刈り13.目拾い12.窓作り11.下窓10.弓削(すげ)9.柄詰(えづめ)8.編竹(あみだけ)7.穴あけ6.もみ5.割竹(さきだけ)2.皮むき1.竹選別