経済産業大臣指定伝統的工芸品「房州うちわ」/房州うちわ振興協議会
手際よく和紙を貼っていく鈴木さん。小学校用の机の高さがちょうどよいのだそうです。
安房の匠たち
(株)米澤屋
館山市那古741-1 TEL.0470-27-6756
鈴木 照子
大正時代から代々房州うちわ作りを受け継いできました。現在では、4、5名のスタッフで「貼り」から「仕上げ」までの作業をしています。柄が丸いので、両方の手のひらで「くるくる回しながら扇ぐところがいいですよ」と、房州うちわの魅力を話します。
閉じる
Copyright (C) 2007 BOSHU-UCHIWA SHINKOKYOGIKAII. All Rights Reserved.