房州うちわとは

「房州うちわ」は日本の三大うちわのひとつで、南房総で受け継がれてきた千葉県を代表する伝統的工芸品です。
平成15年に経済産業大臣の指定を受けています。

竹の丸みをそのまま活かした「丸柄」が特徴で、48~64等分に割いた骨を糸で編んで作られる半円で格子模様の美しい「窓」が魅力です。

実用品以外に、装飾品として愛用されるようになってからは、幅の広い楕円形のものや絵に竹の根の部分を取り入れた構成的なうちわも見られるようになりました。